開業・承継・移転等に関するお問い合わせはこちら

お問い合わせ

医院開業に関する内装や戸建建築のポイントPoint

医院開業に関する内装や戸建建築について

内装工事のイメージ写真

内装は多少高くても、医療専門の内装業者をお勧めいたします。
多くの医療機関を手掛けている内装業者、戸建て業者は、患者さんの導線やスタッフの導線を考えます。
また医療専門の施工業者は医院の基本構想やコンセプトに基づいて、内装プラン、レイアウトを提案してもらえます。
実際に医院を開業した後に患者さんから受付場所や待合、トイレの位置、診察時の移動などで不満が出ることもあります。
またドクターやスタッフが何度も往復するなど効率の悪い診察となる場合が多くあり、診察時間が長くなる、スタッフの人件費が余分にかかるなど、長い目でみた場合に、その費用の方が多額になると考えられます。

空調や照明、医療機器用電気コンセントの配置、LAN工事、音響工事、電話配線、警備工事などにも、内装工事をする前から考えておくことが大切です。

戸建て部分と医院内装を分けて契約されることもあります。
戸建ての場合、比較的多い質問では、設計、施工、管理を別々の業者にする方が良いのかというものがあります。
各々専門性をもってあたるので、別々の方が、手抜きできない等のメリットがあります。
しかしながら建築部材などを決めるため工事費が割高になる、工期が延びる、問題が出た時の責任の所在が自身の会社でないなど揉めることも多々あります。
まとめて受注すれば、その点が解消できる、まとめ割引があるなどが考えられます。
総合的にどちらを選ぶかについては地域の特性も踏まえ判断するべきです。

ご開業までの流れにもどる
PAGE TOP