物流革新

ALC&FLC

医薬品流通のあるべき姿を
追求した
高機能物流センター

有事の際も止まらない万全の設備と、欠品やミスのない確実な納品を可能にする高度なシステムを搭載し、顧客起点で流通プロセス全体の最適化を実現する最新鋭の物流センターがALC&FLCです。
都市圏を中心にカバーするALCと、さらにお得意様に近いエリアをカバーするFLCで、全国一律の安心·安全·効率的な流通サービスを提供していきます。
ALC=Area Logistics Center
FLC=Front Logistics Center

全温度帯物流プラットフォームの構築

厳格な温度管理が必要な医薬品も
安心·安全·効率的にお届け

近年、再生医療分野の細胞医薬品など、新たな医薬品の開発が進んでいます。医薬品の多様化·高度化とともに、特別な温度管理が必要な商品も増えています。当社では、マイナス150℃以下の超低温からプラス40℃まで、あらゆる温度帯に対応した保管·配送システムを開発し、全国どこへでも安心·安全·効率的にお届けできる全温度帯物流プラットフォームの構築を進めています。

BCP(事業継続計画)

いついかなる時も"止まらない物流"

地震、台風、大雪など、自然災害とは切り離せない日本。 この国で生命関連商品である医薬品や医療材料等の流通を担う私たちは、いついかなる時も"止まらない物流"を実現しなくてはなりません。メディセオでは、有事の際でもすぐに供給活動を行なえるようBCP(事業継続計画)を重要な戦略として位置づけ、必要な商品を、必要な時に、必要な量だけ確実にお届けする体制を構築しています。

高機能物流センターの
開発に込められた思い

特別顧問 山岸十郎

「止まらない物流と顧客起点の物流全体最適を目指して」

「止まらない物流と顧客起点の物流全体最適を目指して」

医薬品流通のあるべき姿を追及し続ける情熱と真摯な姿勢。
ALC&FLC開発者に聴く、物流革新のこれまでと、これから。

医薬品流通のあるべき姿を
追及し続ける情熱と真摯な姿勢。
ALC&FLC開発者に聴く、物流革新のこれまでと、これから。

  • < 略歴 >
  • 平成17年
    現・(株)メディパルホールディングスと現・(株)PALTACの経営統合
    (株)メディパルホールディングス  取締役 就任
  • 平成18年
    (株)メディパルホールディングス 常務取締役 就任
  • 平成20年
    (株)メディパルホールディングス 代表取締役副社長 就任
  • 平成21年
    (株)メディセオ 代表取締役副社長 就任
    (経営改革、ロジスティクス、システム担当)
  • 平成24年6月~
    (株)メディセオ 特別顧問 就任 【現任】

みなさんと私たちをつなぐ

高機能物流センターALCを
見てみよう!